俳句

五・七・五の17文字で作る定型詩の事を俳句といいます。
17文字での定型詩というのは、世界最短と言われています。
室町時代、松尾芭蕉が俳諧の芸術性を高めて、明治時代に正岡子規が
その俳諧を近代文芸として俳句というものに成り立たせたといわれています。
俳句といえば、松尾芭蕉と思い浮かべる方が多いと思いますが、
正岡子規も忘れてはいけません。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」でも正岡子規の事が書かれていますので
ぜひ一度読んでみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>